名 称
フクイラプトル1号
(FUKUIRAPTOR ♯1)
型 番

FKR01

製造年

2017

全 長
5.5m
全 高
2.1m
その他
機体解説

DINO-A-LIVEと福井県によるコラボプロジェクトで生まれた、福井県産の肉食恐竜フクイラプトル。

”ラプトル”という名前からヴェロキラプトルやユタラプトルなどのドロマエオサウルス類を連想してしまうが、実際はアロサウルスに近い種であり、DINO-A-LIVEのフクイラプトルも基本構造はアロサウルスとほぼ同じものになっている。

アロサウルスと比べるとフクイラプトルの方が少々体格負けしている感はあるものの、前肢の鋭く大きな爪や長い後肢による瞬発力など、優秀なハンターであったことを想像させる。

【福井県立恐竜博物館 監修モデル】

恐竜ミニ情報

正式名はフクイラプトル・キタダニエンシス(Fukuiraptor kitadaniensis)。その名にあるキタダニとは、フクイラプトルの化石が発見された福井県勝山市北谷町にちなむ。”日本で初めて全身が復元された肉食恐竜”として全国的にも話題になっている。