名 称
ラプトル1号 
(RAPTOR#1)

型 番

RPT-1000-1305TNK

製造年

2013年

全 長
4.5m
全 高
1.8~2.2m
その他
機体解説

ラプトル(小)の操作システムを継承し、初の量産型として制作された機体。群れで行動することを前提に従来の恐竜より視界を200%位上広げたり、他にも様々な部分で相互コミュニケーション性能が重視されている。2014年からは改造され羽毛恐竜としても活躍している。


恐竜ミニ情報

四肢の爪が鋭く強力で、殺傷能力が高い。特に後足第2指の大きな爪(長さ20cmくらい)は、獲物を捕らえる際の大きな武器となる。 ラプトルは高い知能を誇っており、集団で行動し、群れで大型草食恐竜を襲っていたといわれている。